肝斑(かんぱん)を消すための原因と対策 美白化粧品

肝斑(かんぱん)によるしみの原因

肝斑(かんぱん)というのは、しみの一種なのですが、肝斑が発生する原因は、通常のしみとは少し違いがあります。

そもそも肝斑とは、鼻を真ん中に左右対称に生じて出来るものです。通常のしみであれば、このような発生は見られないと思います。

ということは、通常のしみの発生原因である紫外線だけが原因とはいえないのが、肝斑なのです。

肝斑の発生原因は、おもに女性ホルモンによるところが大きいとされています。それに関連した考えられる原因としては、経口避妊薬(ピル)によって、引き起こされる場合もあるといいます。

また、ストレスも肝斑の発生原因になっていると考えられています。しみの原因のメラニンを作るのは、メラノサイトという細胞です。

このメラノサイトは、紫外線のほか、ホルモンの影響によって、メラニンを作ります。

ホルモンの分泌にかかわるのが、とりもなおさず、ストレスです。ほかには、睡眠不足や不規則な生活も大きくかかわってきます。

紫外線を避け、ホルモンバランスを整えましょう

肝斑ができる原因は、ホルモンの影響によるところが大きいといいますが、それでも、紫外線の影響がゼロというわけではありません。

すべてのしみの原因に紫外線は、かかわってきますから、紫外線対策は十分にするのが賢明といえるでしょう。

そして、ストレスが肝斑の発生にも大きく関与していることから、さまざまなストレスを軽減していく努力も必要です。

たとえば、睡眠不足の解消、食事をバランスよくとる、といった基礎的な生活習慣の改善も有効です。

さらには、ストレスが過多に感じるときには、意識的にストレスの解消に努めてみましょう。

たとえば、アロマテラピー、エステティックサロンでのケア、フラワーエッセンスなどの力を借りて、その日のストレスを翌日まで残さないような努力も有効です。

もちろん基礎化粧品でのお手入れも、大切なポイントとなりますので毎日のケアを怠らないようにしていきましょう。

おすすめコンテンツ


Fatal error: Call to undefined function display_related_posts_via_categories() in /home/saibaiman/tcheloweb.com/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_healthy_141104/single.php on line 58