シミを消すために効果的な美白化粧品♡ランキングで適当に選んでない?

シミを何とかしたいと思った時、美白化粧品は強い味方です。それは確かに事実。

では、どの美白化粧品を選べばいいのか?悩みますよね。以前肌がマダラになってしまうなんていう事件もありましたが、積極的なケアをするためにはそれなりに成分も強い製品が多いです。

いろいろ探した結果、結局、ちまたのランキングサイトで人気の商品を選んでしまう方も多いのでは?

たしかに、人気商品は良いアイテムである可能性が高くなりますが、それだけではやはりダメ。あなたに合った美白化粧品を選ぶのが大切なんです。

あなたに合った美白化粧品の選び方

では具体的にはどういうふうに選べばいいのでしょうか? 失敗しない選び方として大きく2つあげることができます。

ひとつは、肌質に合っていること。もうひとつは、年齢に合っていること。3つめは、シミの種類に合っていることです。

肌質

あなたの肌は、普通肌、乾燥肌、脂性肌、敏感肌のどれにあてはまりますか?特に敏感肌気味だと、美白化粧品の成分が炎症をひきおこすこともあるので注意する必要があります。

年齢

年齢に合った化粧品を選ぶことも大切です。肌が怠けるかどうかは賛否両論ありますが、若い方が必要以上に強い成分の化粧品を使うことにはやはりリスクがあります。例えばドモホルンリンクルなどはかなり効き目が出やすいのですが、できれば40代以上のほうがいいかもしれません。

シミの種類

最後に、シミの種類はもっとも欠かせないポイントです。肝斑か、老人性色素斑か、炎症性色素沈着か。或いはストレスなどの精神的な要因が作用しているのか。原因をある程度みきわめて、適切な美白化粧品を選びたいところです。

「くすみ」はアプローチが違うから注意

肌のくすみ、つまり全体的に明るさがなく、黒ずんで見える状態ですが、こちらはシミとはスキンケアのアプローチが異なってきます。
というのも、シミがメラノサイト(肌細胞の奥のほうにできるメラニンのモト)が原因になっているのに対して、くすみは肌表面の角質が問題になっているからです。

★詳しくはこちらのサイトが参考になります:くすみ肌を白くする美白化粧品白書

要するに、くすみは肌角質が厚くなったために、光の反射率が下がることが最大の原因になっているんです。そのため、シミ系の化粧品を使っても効く部分が異なるので、効果が薄くなるのです。

当サイトでは、このあたりを丁寧に解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

サブコンテンツ

このページの先頭へ